小平市民活動支援センターあすぴあ
元気村元気村まつり
3.11等に学ぶ小平の減災を考える会
3.11等に学ぶ小平の減災を考える会
2011年3月11日14時46分、M9.0の巨大地震が発生、十数メートルの巨大津波が東日本の太平洋沿岸を襲い、東北地方を中心に12都道府県で被害(約2万名の死者・行方不明者等)が発生した。
 3.11に学ぶ小平の減災を考える会は、2014年6月21日(土)忘れない3.11展参加者を中心に、「過去の災害に学び、今を考え、未来に備えるには?」をテーマに結成されました。
 この12年半の間、台風・土砂崩れ・噴火、記録的な大雪や大雨による川の氾濫等、地震のほかにも災害が多く発生しています。このことから「3.11等に学ぶ・・」と名称を変え今日に至っております。
 活動は、東日本大震災等の記録を収集・整理・分析を中心に、その成果を「忘れない3.11展」「元気村まつり」等で紹介、公民館講座等で話しをしております。
 活動の成果として、「事前の訓練」さえしておけば「多くの命が救われ」「原子力発電所災害もこれほど大きくならなかった」と思います。
 被災者である渡邊恵子を代表に、新潟県職員として宮城県に派遣された橋静を世話人として活動しており、これまでの経験を活かし、「事前訓練」の手助けが出来ればと考えています。


代表者 / 渡邊 恵子 (役職:代表)
連絡先 / 橋 静
連絡先電話番号 / 090−6535−0731
連絡先FAX / 042−347−7834
連絡先E-mail / shizutaka2596@yahoo.co.jp
あすぴあ市民活動団体データ集「むすぶ」 https://kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp/archives/case3/1119
 
画像
忘れない3.11展で被災者の避難状況紹介
画像
宮城県庁で他県から派遣された職員と協力して活動
画像
東日本大震災でのSNS活用事例を公民館で紹介
画像
東京都・東村山市合同防災訓練のまち歩きに参加



↑ TOP